安心の種

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

調和できる環境

こちらは我が家の面白い話です〓。

写真のくるま海老は息子がペットでとして飼っていますが、
なんと魚屋さんでプラスチックのトレイにラップされて半額シールが貼られていた元瀕死の車海老なのです。家に来たときは触ると足がピクピクする程度でまさに瀕死でした。

魚屋さんの話だとくるま海老は弱いので、普通1日しかもたないのでペットにして飼うなんて無理な話なんだそうです。

ですが、うちに来た車海老は水槽に入れてあげるとこの写真のように元気になります〓。今まで最大で2週間くらい餌なしでも生きてくれた車海老もいます。魚屋さんは信じられない!と言います。

もっとすごいのは同じ魚屋さんで買った手なが海老ですが、なんとうちに来てから2ヶ月以上生きています。魚屋さんの話だと普通、魚や海老は水質が変わるだけでショックを受けてすぐ死んじゃうんだそうです。

海老だけでなくうちにいる魚達も長生きだと思います。これもやっぱりLOA効果かな?と思っています〓。以上です。

日々、面白い事がたくさんありますので、これは!と思ったことは報告しますね。
f0164602_1735953.jpg
f0164602_17353351.jpg

≪つづき(質問に対して)≫
車海老は海の海老です。
我が家の車海老の水槽の水ですが、息子が水道水に塩を混ぜて適当に作った塩水がメインです。たまに海水を汲んできて、少し足したりもしますが、いつも海水を入手できるわけではないので、普段は息子の勘で作った塩水を継ぎ足しています。魚や海老が元気がないときは「あい」を貸してあげます〓。

長寿の手長海老は淡水海老なのでこちらの水槽は水道水(浄水器は通していない水道水)です。
以前、息子のお友達に我が家の海老をわけてあげたことがあり、同じ様に水道水を使って飼育したそうですが、一晩もたなかったそうです。こちらは魚屋さんのいうとおりですね〓。

うちの水道水は他の水道水とパワーが違っているのか、買ってしばらくすると魚や海老も貝も元気になることが多いですね〓。
(横浜市 H.T様/携帯メール)
[PR]
by light-of-arche | 2010-10-14 17:26 | ペット

あてにならない余命宣告

実家の犬のことですが、犬の具合が悪くなったのは今年の始めでした。その時はすでにほとんど歩けないような状態でした。
7月のはじめには泡を吹いて痙攣して白眼を剥いて倒れていたそうで、13歳ということもあり、もう死んじゃうかな?と話していました。
なので駄目もとでゼオライトを飲ませるように家族に話ました。家族はゼオライトをあげるとなんだか犬の調子が悪くなるような感じがすると言って数日でやめていましたが、しばらくすると犬が家から脱走するほど元気になったそうです。
今年に入ってはじめて散歩にも行けるようになったと家族はよろこんでいました。
私が思うには多分ゼオライトで排毒をしていたので一時的に調子が悪くなったのかなと思います。
その後、年齢と夏の暑さで、8月のお盆前にはまったく動けなくなり毛も抜けおちてしまい、ついに獣医さんには余命3日くらいと言われましたが、なんだかんだと夏を乗り越え10月に入ってもまだ生きています。獣医さんもよく生きてるなあとたまげているようです。
(横浜市 H.T様)
[PR]
by light-of-arche | 2010-10-09 17:09 | ペット



環境エネルギー         応用実践のひろば
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧