安心の種

あてにならない余命宣告

実家の犬のことですが、犬の具合が悪くなったのは今年の始めでした。その時はすでにほとんど歩けないような状態でした。
7月のはじめには泡を吹いて痙攣して白眼を剥いて倒れていたそうで、13歳ということもあり、もう死んじゃうかな?と話していました。
なので駄目もとでゼオライトを飲ませるように家族に話ました。家族はゼオライトをあげるとなんだか犬の調子が悪くなるような感じがすると言って数日でやめていましたが、しばらくすると犬が家から脱走するほど元気になったそうです。
今年に入ってはじめて散歩にも行けるようになったと家族はよろこんでいました。
私が思うには多分ゼオライトで排毒をしていたので一時的に調子が悪くなったのかなと思います。
その後、年齢と夏の暑さで、8月のお盆前にはまったく動けなくなり毛も抜けおちてしまい、ついに獣医さんには余命3日くらいと言われましたが、なんだかんだと夏を乗り越え10月に入ってもまだ生きています。獣医さんもよく生きてるなあとたまげているようです。
(横浜市 H.T様)
[PR]
by light-of-arche | 2010-10-09 17:09 | ペット
<< 調和できる環境 蚊の住み家はお外 >>



環境エネルギー         応用実践のひろば
カテゴリ
全体
米の栽培
果物の栽培
野菜の栽培
健康
自動車
ボイラー
電磁波
家庭環境
癒す
教育
食品加工
科学的実証
音楽・楽器
養鶏場
養豚場
キノコ栽培
環境
植物の成長
LOAセミナー
LOAとは
食品の鮮度
生態系と共生
ペット
ヒーリング
クリーニング
お茶の栽培
イグサの栽培
花の栽培
スーパーマーケット
歯科医院
助産院
美容室
陶器
ガラス工芸
日本酒・ワインの製造
イチゴの栽培
燃費
堆肥作り
農業塾
ミカンの栽培
リンゴの栽培
ブドウの栽培
桃の栽培
梨の栽培
プルーンの栽培
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧